断食ダイエット方法口コミ部








断食ダイエットの注意点は~健康的に痩せるために


断食ダイエットの注意点はたくさんあります。


断食ダイエットはその名のとおり
食べ物を食べないということですから

人間にとって必要な栄養素を
摂らないということと同じ。



ですので、急に断食ダイエットに挑戦したり
やりすぎてしまうと、健康に影響が出る
のは必然です。



食べ過ぎ 断食ダイエットを成功させるためには

例えば、今まで食べ過ぎていた人の場合には、
毎日の3食の食べる量を減らすなどといった

断食ダイエットを行うこともできるでしょう。



腹八分目と昔からよく言いますよね?


少ない種類をたくさんの量を食べるのではなくて、
たくさんの種類を少しずつ食べるといったように、

食事自体を工夫していくことが求められます。



また、今まで肉類などを中心に食べていた人の場合は
肉類を断食ダイエットすることで、

健康に配慮しながら
ダイエットとしていく
ことも

断食ダイエットの注意点の一つです。



例えば、野菜を必ず食べるようにすることは、
健康面でもとてもプラスになります。


国、厚生労働省が策定した
「健康日本21」でも

1日に食べる野菜の量は350グラム以上
毎日摂取するように設定されています。

野菜
健康的なダイエットをする上でも
肉類を断食し、野菜を多くとることは

必要なこと。



すぐに肉類から魚や野菜中心に
変更して行くのが難しい場合には、

少しずつ肉類の量を減らしていくようにして、
野菜を多めにするなどの変更も重要なことなんですよ。



断食を始めるうえで
ただ、やみくもに食事を抜くのではなく

こうした注意点はしっかりと押さえておきましょう。




断食ダイエット+簡単な運動で健康的に!


また、断食ダイエットだけでは
健康面で不安が出ますから、

運動特に有酸素運動を
生活に取り込んでいくなどの

生活自体の見直しにも取り組んでいく必要があります。



健康的に痩せるためには、
何か一つのことだけをすればよい訳ではありません。


先述のように肉類を少量にしたり
多くの品目を少しずつ食べるなどの
断食ダイエットもうまく使うこと。


また、ウォーキングに代表される
有酸素運動を生活の中で取り組んでいくことも

とても重要と言えます。

体重計ダイエット
ウォーキングとは歩くことですから、

工夫することで生活の中で
取り込んでいくことはできるはずです。



例えば、あなたが通勤で
公共交通機関を利用しているのであれば

一つ前の駅で降りて
そこから職場までウォーキングをすることも可能ですよね。


もし一つ前の駅で降りて
歩くということであれば、

出勤時には早めに起きなければなりません。


そうすると、夜更かしを辞めて
早く就寝するようになり

早寝早起きを心がけるきっかけにもなります。